TEAL BLOG

TAKEO KIKUCHI先生のファッションショーを見に行って来ました。私のオリジナルファミリーがモデルで出演する事や、若槻氏の演出という事あり、わくわく!そしてもちろんTAKEO KIKUCHI先生は、私の時代だとBIGIのころから現在まで活躍を続けるリジェンド。会場は溢れんばかりの人!最近ファッションに疎い私ですが、今回はラフォーレで開催中の"RETURN OF THE RUDE BOY"も何かしら関連ある事は少し感づいておりました。オープンの時の会場はラスタカラーの照明で始まり。そしてまさにJAMAICAN使用のでーんと鎮座する大きさサウンドシステムと楽器のセットが!そしてスタートと共に鳴り響く凄いBASS音の音楽。ランウエィだけどTAKEO KIKUCHI流にかっこいいやつがストリートを歩くような設定であるショーはもしかしたら東京ならでは!なのかも。TOKYO FASHION WEEKが世界に発信出来るめっちゃCOOLなショーだったと思う。選曲もすばらしかったから、日本のDJたちにもこういうショーは見てもらいたいよね。RESPECT!

IMG_7806.JPG

 IMG_7808.JPG

IMG_7819.JPGIMG_7815.JPG

11042252_839452559424483_2127100595_n.jpg11067477_340245276181309_5504408808213893369_n.jpg

MORE LOOK @WWD


YUME .JPG

A HAPPY NEW YEAR !
お正月、かなり眠り続けましたが、映画も少し見る事が出来ました。
一つはWOWWOWで、”黒澤明”監督の「夢」。凄かったです。
赤富士なんて、、絶句。
映画について知識の浅い私としては大変勉強になりました。
他にも見ていない作品、是非今年は制覇したいです。
あとは、六本木ヒルズのTOHOCINEMAにて
DIANA VREELAND ‘THE EYE HAS TO TRAVEL”。これまた凄かったです。
アナ ウインター女史をも上回るようなその素敵な独裁ぶりと溢れる才能。ため息が出るような美しい編集ページ。1人の人間の存在でその時代はいかようにも変わって行くというすばらしさ。自分がN.Yにいる頃に、メトロポリタン美術館でダンスミュージックとFASHIONに関する展示がありました。舞踏会の部屋では19世紀あたりの舞踏会のファッションとワルツ、チャールストンの所ではもちろん膝丈のドレス、そしてロックの部屋ではサイケデリックなファッションにローリングストーンズの音楽がかかり、最後の部屋が1980年STUDIO 54のハロウィーンのコステュームだというキャプションがあるピエロの衣装だった。すっごい衝撃を覚えた私にとって、あー、自分が考えていた事は間違ってなかったよね、と確認出来たひとときでありました。この展覧会がDV女史のコーディネイトかどうかはわからないんですが、彼女のやってことの影響下である事は確かだと思います。ダンスミュージックの歴史の中で、今年2013年、最高のTOKYOを作れますように!
DV.JPG

毎月最初の土曜日に行われているDJ EMMAのULTRA MUSIC。今年は特に毎回ゲストを招き、深い音楽をARENAにて繰り広げている訳です。今回のアーチストはDJ PIERRE
pierre.jpg
おー懐かしー!という人も多いと思います。80年代からシカゴをベースに活躍し、ACID HOUSEトラックを作り出した人として広く知られております。そして、今このACIDブームがなんだか再度ジワジワ広がっているのです。何故か?世界中の新しいトラックがみんなACID的にかっこ良いのが同時に出て来ている!!!てなわけで、今とっても、とにかく聞きたいDJ PIERREさま来日します!DJ EMMAは「ACID HOUSEやWILD PITCHといった代名詞も、独自性が生んだ奇跡の発明と言っていいかもしれない。現在のシーンでも、この要素は日増しに高まっている様に思う。」とコメント。FBでは5曲ACID トラックのチョイスも。私にとって、この系統の音楽はとにかく踊りやすい!踊り続けられる。なので、2012年スタイルでACID HOUSEという、とんでもない名前で最高の音楽を楽しみまくってしまいたい。同期と言わなくても、昔のあの平和な頃のクラブが好きだったあなた、今週はアゲハでお待ちしております。私をVIP ROOMで探せないときはフロアにおりますからねー。See ya!

DJ EMMAの約2年ぶりのMIXCD “DJ EMMA×AIR” 聞いたいただけたでしょうか?
6月に発売となり、以来たくさんコメントをいただきました。ありがとうございます。
仕事に行く電車で聞いていただいてるとか、PC作業中に聞いてテンション上げてるとか、
何回聞いてもいいとか、ほんとに嬉しい限りです。
しかーし!
DJ EMMAの本当の醍醐味は現場でございます。
オリンピック開会式は録画器にまかせ、是非、明日7/28 Sat AIRで一緒の時間を共有していただきたく思っています。
その人が居たか、居なかったか、これが最終的にどんなパーティになったか?という結果だなーと。
普通の夜になるか、特別の夜になるか?
DJ EMMAがどんな選曲をするか?
その1曲が特別な曲になるのかどうか?
ぜひみなさんのあらゆる感性で受け止めてやってください。
そして明日、東京の最高の夜をみんなで作れたらなーと。
何かあれば、私の携帯に早めに電話くださいね。店内では電波入りにくいです。
では、AIRで、よろしく。
EMMA CD JK 600.jpgのサムネール画像

7.28_front.jpgのサムネール画像

7.28_back.jpgのサムネール画像

本日、6月6日。ついにDJ EMMA2年ぶりのMIX CD発売となりましたー。
EMJK200.jpg
まず最初にこのMIXを聞いたときに、なんて大人っぽいんだろう!というのが素直な気持ちでした。EMMAHOUSE 2000あたりからマネージメントを担当させていただいているのですが、いままでの、いわゆるEMMAHOUSEという少しハードでアップリフティングなイメージとは違い、ニュアンスのあるヴォーカルものから始まる所にも少しびっくりしました。しかし、その展開たるや、やっぱりこれはまぎれも無くDJ EMMAのMIXだなーと思わせる繋ぎ方や選曲。ある時期のEMMAHOUSEはCLUB YELLOWのイメージだったと思うんだけど、これはEMMA自身AIRの店内をイメージして、そして何よりも”ずっと長く聞いてもらえる作品にしたかった”という思いが伝わってくる。というか、何回も聞けば聞くほど、前よりも気付く事があったり、良いと思えるのだから、これはすごい。ダンスフロアというものはいつもアガッていれば良い訳ではない。そのアガリ方も重要だし、時間をかけていろんな上り下がりを楽しむ事が出来る場所だ。だから、もしもイマイチの日があってもまた次回聞きに行きたくなるとうのがお店やレジデンツパーティの強さでもあり、そのDJの才能でもあり、踊る側の本来の楽しみ方だ。それくらい奥深い物が本来のダンスフロアだと思う。簡単な冷凍食品のようなダンスミュージックはたくさんあるけど、体も心もとっても大人な私は、仕事を離れていたとしても、上等な音楽を楽しませてくれるこのDJを応援したい。80年代に衝撃を受けたPARADISE GARAGEのLARRY LEVANは数年しか聞けなかったし、居なくなってしまったんだけど、EMMAにおいては、みんなと同じく、人生においていろんな事があっても、生き残り、DJブースに立ち続ける姿は本当の意味でロッケンロールなんだなーと。毎週すばらしい音楽と出会わせてくれているこの事実と、この作品に最大のRESPECTを捧げます。
ていうか、みんなも是非聞いてくださいねー!
ココで買えまーす!
TOWER RECORDS
HMV
LASTRUM

実は、久しくNEWS LETTERも、BLOGも書かずでございました。
いーっぱい、いろんな、普通で言えばP,Rしたり広めたいようなネタは沢山あったというのに。普通でかんがえると私のまあ、至らずということですが、なんだか少し、書かなくてはという所から逃げたかったのかもしれないですね。どっちにしろお粗末なことでございます。しかし、とにかく逆行したくなること、ありませんか? 実は集団行動が苦手というか。みんなが行かない所へ行きたかったもともとの性格が改めて出て来たのかもしれません。または、すばらしいパーティは言葉では表せないのよ。まず、そこに居た人同士じゃないと結局わからないじゃん?なんて気持ちもありました。で、やっと心の整理も着いた今、報告させていただきます。まず、3月末は3年目のTIMEWARP。DUB FIRE兄貴のPLAY時間でのLJ AIBAの活躍はこのあたりの動画を見てもらえればばっちり判ると思います。
毎年このパーティではヨーロッパのダンスミュージックオーディエンスのダンスへの熱意がとにかくうらやましい限りです。テクノだから、とかそんな事も関係ないくらいすばらしい時間を過ごせるし、あと、運営チームのすばらしい対応とか、毎年ドイツが大好きになってしまう。
4月9日は佐藤社長の還暦祝祭。これまたとにかくすばらしい時間でした。昔GOLDっていうお店があって、楽しかったんだってねー!?とか、いつも過去の話しとして言われたりするけど、その感じが現実に進行形として起こっている現場に居るその楽しさ。みんながおんなじ周波数にTUNEされたような感覚。私にとっての良いパーティの形はやはり変わらないし、今でも起こるんだね、と自信を持てた、感激のすばらしい夜でした。4/27丸の内ハウス5周年。これまた凄かった。5年間やって来たすべての事が実を結んだようなすばらしいパーティ。レストランフロアといえどもパーティの内容や集客力はクラブにも負けないレベルでした。そんな、なんともすごい時間をそれも企画や制作側で過ごせた幸せでありMADNESSだった2012年、春。他にも京都旅行、中市君のWEDDING PARTY、お花見、などなどなどあった春。夏に移行中の今。濃い夏、まってるよー。
AIBATW01.jpg佐藤社長バースデー1.jpg
MH01.jpg金閣寺.jpg

4月9日に控えいるDISCO KINGDOMのおかげでここんところ貴重な昔の写真を見る機会が多い。それは私が遊ばしてもらっていた頃のDJの人たちの事やお店でもあるんです。昔々、70年代後半に、新宿にTSUBAKI HOUSEというお店がありました。佐藤氏がそこの店長になった事からすべてが動き出すんだけど、その時代はGAYカルチャー、DISCO MUSIC、DJ、TG6、原宿にBEAMSがOPEN、POPEYE、BRUTUSなども創刊、と。面白い事だらけのこの時代。とにかくそういう感度の良い人がみんなTSUBAKIに遊びに行ってた。N.YのSTUDIO54のように。なおかつ54をまねていない所がまた凄い。そのころ18くらいの私はDJブースに「この曲なんですか?」としつこく何度も聞きに行った曲がありました。CAN'T LIVE WITHOUT YOUE LOVE。80年代PARAGISE GARAGEで聞いた時はあ、ここはN.YのTSUBAKIHOUSEなんだって思っちゃった。繋がっているんだなーって。70年代初頭にはNYへ行っていたDJ CHIAKIさんという方がいました。彼がTSUBAKIでDJをしていた事がダンスシーンとしてはかなりな重要事項でありました。いつも帰国するたびに最新のダンスミュージックをTSUBAKIに持って帰ってくるからみんな感化されてN.Yへ行く事になっちゃったり。そしてN.Yでは80年にTHE SAINTというお店がオープンする事でまた一つの決定的な時代に突入する。おっと、、このお話し、ちゃんとするには3時間くらいとシャンパン2本は必要でございますわね。で、何が言いたいか、というと、私的には先日
のBLACK BALL @ ageHaに心が繋がっちゃうんですよね。そこにGOLDファミリーでもあるEMMA、KO君がDJ、そして吉田さんがいて。ですごいのはN.Yでも同じ日にBLACK PARTYをやってるの。それもこのリンク見てもらえれば判るけどなんと「ヤクザ」ですよ。サブタイトルに。で、トミイエ君もDJするのよね。CHIAKIさん。本当にありがとう。今週末もDANCE MUSICに人生を捧げますわ!

この写真はVILLAGE PEOPLEがTSUBAKI HOUSEに来た時の写真。実はこの日、私は彼らと一緒に踊るというバイトをした日でもありました。人生って面白いですよね。
TSUBAKI01500.jpg

B DK 01切り抜き.jpgのサムネール画像
私の永遠のBOSS、佐藤俊博氏の還暦パーティが4/09 VISIONで行われる事になりました。DISCO KINGOMです。考えてみれば、たしか昨年「佐藤さんの60歳は真っ赤な部屋でDISCO PARTYやりたいですねー!」なんて話していた事が本当になります。やったー!佐藤氏がいままでやってきた数々のお店で起こった事すべてが今のクラブシーンに繋がっている事。今、ヨーロッパやN.YのTOP DJが来てもちゃんと楽しむ事が出来る環境や感性は昨日今日、急に作れた訳ではなく、数々の夜が積み重なって成熟して出来ている。だから東京の夜は何処にも負けないくらい凄いのだと思います。と考えると、今晩、そして来週それぞれの行うパーティやDJブースでいい加減な事は出来ないのですよ。明日が変わってくるからね。
そして、来週中にはこのスペシャルなパーティの案内状もみなさまに届くかと思います。
FACE BOOKはこちらから。情報も随時アップして行きますね!

Versusという言葉を用いる事でその2者の存在がそれぞれ引き立ったり、見ている方はわくわくしたり。まさにボクシングのタイトルマッチ。VSでどうしても思い出してしまうのは、これ。ですよねやっぱり。今改めて見直すと、なんともコマーシャルなアーチストですよね。二人とも。
michael-halsband-andy-warhol-and-jean-michel-basquiat.jpg

東京の土曜日、渋谷では日米ハウス対決と呼ばれているマッチがあります。DAVID MORALES vs DJ EMMA。
N.YのDAVID兄貴が再来日です。今回も深い「愛」でみんなをつつんでくれるでしょう。ストレートの男性が(ビーチ以外で)上半身裸でおかしくなくまたストレートの男性もそれを見て盛り上がる!というのは案外起こっている現象で、もしかしたらハードロックの世界観にも近いかもしれないですね。男気の世界観?日本の祭りにもそのスピリットがあるかも。あ、だからDAVIDの世界観は日本で支持され続けているのかもですね。では、つつまれましょう。愛に。彼の選曲に。DJ EMMAはDEEP SPACEにて初PLAYです。負けないくらい深い音楽で夜を作る事は間違いないです。お楽しみに!

Frame_Ogawa_Unic_explosion.jpg
さーて。今週のULTRA MUSIC / ARENAにはスペシャルゲストを2人迎えます。DJ EMMAにとっても親交の深いOMBDJ OGAWAでーす!OGAWA &UNICのEXPLOSIONという楽曲はOMBのREMIXと同時にあのBAROQUEからそして、FRAMEからも発売され、なんとBEATPORTのPROGRESSIVE HOUSEチャートTOP10入りも果たしてしまったんですから!すごーい。日本のアーチストが頑張ってる事はなによりも楽しみですよね。なので、土曜日はOMB、DJOGAWAそしてEMMA君みんな1回はPLAYしそうなんだけど?どうなるでしょーか?それは現場でのお楽しみです。もちろん。
あ、楽曲はこちらから聞いてみてくださいねー。そしてもちろんアゲハのサウンドシステムで土曜日、思う存分お楽しみください。
Baroque.jpgframe.jpgBARQDIGI072.jpg

1 2 3 4 5 6 7 8 9